一歩一歩

共生社会へ

求める人材像
Humanism

元気な挨拶ができる人

明るく元気に挨拶できる人は、やはり第一印象をよく見られます。
また、挨拶は、利用者さんの支援の中でも基本のコミュニケーションツールになりますので、まずは元気に挨拶できる人になりましょう!

閉じる
気づきの視点を持てる人

利用者さんの支援においては、気づきは重要な視点です。
例えば、いつもと様子が違う(元気がない)やいつもと違う行動が見られるなど小さな変化にも気を配り配慮することでより利用者さんに寄り添った支援をできることができるはずです。

閉じる
人の意見に耳を傾けられる人

支援業務を進める中で、時には立ち止まり自分自身の支援の在り方を見つめ直すことも必要です。
その際、周囲の人の意見やアドバイスを聴いて修正を行うことができる人は、その後支援員としてステップアップできる人です。

閉じる
人が好きな人

人を支援する仕事なので、大前提として人との関わりや他人に対して興味を持てる人は、楽しく働ける職場です。

閉じる
向上心のある人

最初から高度な技術や知識はいりません。
働きながら仕事に対して意欲が湧き出し、更なるスキルアップのための自分磨きができる人は、大歓迎です。働きながらの資格取得も可能です。

閉じる