スマートフォンサイトを見る
ひとりで悩まないで!仲間がいますよ 福岡市手をつなぐ育成会保護者会
コンテンツ上

TOP > 歩みと概要

社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会「保護者会」では、知的障がいのある本人とその家族が安心・安全で幸せに暮らせる社会の実現を目指して運動しています。|概要と歩み

歩み

福岡市育成会の歩み 情勢
 
昭和22年 教育基本法策定
昭和24年 身体障害者福祉法策定
昭和27年 手をつなぐ親の会・精神薄弱児育成会(現、全日本育成会)結成
昭和29年 福岡県精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)結成
特殊学級・養護学校設置の運動
 
 
昭和34年大濠養護学校開校
 (福岡県で初の養護学校)
昭和36年 三筑養護学校 →S.44「南福岡養護学校」と改称
昭和35年 精神薄弱者福祉法
 (知的障害者福祉法)策定
昭和39年 東福岡養護学校開校→S.59移転
昭和40年 大濠養護学校卒業生を中心に「福岡地区女子授産施設」発足
福岡県福岡地区精神薄弱者育成会立とし、芙蓉学園内に開所経過→今林先生のご自宅→福岡市立青年センター内→昭和44年「ひまわり会」と改名→YMCA館内→鳥飼市営住宅集会所→鳥飼教会設置さみどり保育園の旧園舎の一部→昭和54年通所授産施設「ひまわり園」へ吸収・閉鎖
 
昭和43年 三校連絡協議会(大濠、東福岡、三筑養護学校)発足
養護学校に高等部設置、特殊学級の増設についての陳情
 
 
昭和45年 心身障害者対策基本法(障害者基本法)制定
心身障害者扶養保険制度制定
昭和49年 「福岡市精神薄弱者育成会」が正式に発足
会員は、6ブロックの310名
活動を学校教育関係にとどまらず、広く、民生・福祉、労働問題など幅広く行うために、全日本精神薄弱者育成会とつながる育成会となった。
第12回精神薄弱者(児)の教育と福祉振興九州大会を中心的に準備
・育成会の法人化・療育手帳の交付・授産所設置や高等部の増級の陳情・運賃割引の請願・行政機関との懇談・親子レクレーションを委託・育成会だより発行開始
 
昭和50年 財団法人へと法人化
法人化のために会員から寄付を募り、認可された。
・高等部への入学希望者全員入学の陳情
・授産施設設置についての請願
・ひまわり会バザー
・心身障がい児者実態調査協力
・愛のひとしずく運動(後、心の友運動)参加
・福岡市心身障害者作品展開始
・精神薄弱者相談員活動開始
・西部地区に養護学校新設の請願
・スポーツ教室開催
・平和台球場を有志保護者で清掃し、清掃事業へつないだ。
 
昭和53年 動物園において「福祉訓練事業」開始
S.54年には、舞鶴公園と心身障害福祉センター
S.55年に、植物園
S.57年に東平尾
S.62年に動物園は中止
H.2年室見川河畔、小戸公園、百道中央公園
H.3年貝塚公園
H.4年山王公園追加
 
 
昭和52年 つくし学園開所
昭和54年 社会福祉法人「福岡市精神薄弱者育成会」として活動開始通所授産施設「ひまわり園」を設置するためには、社会福祉法人への法人化の必要があり、会員から寄付を募り、認可された。精神薄弱者通所授産施設「ひまわり園」開園
 
 
昭和54年 福岡市立生きの松原養護学校開校
昭和55年 「福岡市国際障害者年推進協議会」に参画
(→H.3障害者連絡協議会)
 
 
昭和56年 国際障害者年
昭和57年 「みのり基金」開始
心身障害児緊急一時介護事業が委託された。
 
昭和58年 第17回九州地区精神薄弱者の教育と福祉振興福岡大会(福岡市)
 
昭和59年 「清掃事業」福岡市立障害者スポーツセンターで開始 
当初は保護者が指導することで開始し、認められて指導員が配置された。
S.61動物園・心身障害福祉センター
S.62に南障害者フレンドホーム・清水ワークプラザ
S63に冷泉公園・天神中央公園・城南フレンドホームが追加され、
市と契約となった。
H.1シーサイドももち海浜公園
H.2東フレンドホーム追加
「ひまわり園」の増員・増改築
小規模福祉作業所「つぼみ福祉作業所」(無認可)開所(室見→内浜→姪浜→内浜)
いこいの家開設

 
昭和61年 入所更生施設「福岡ひまわりの里」の建設のために「1億円基金」の募金活動開始(みのり基金も寄付)
 
昭和62年「みどりが丘福祉作業所」の開設
第5回大都市問題協議会(福岡市)
昭和62年 「身体障害者雇用促進法」が「障害者の雇用の促進に関する法律」へ改正
昭和63年 「福岡ひまわりの里」建設基金友愛セール実施
 
平成元年  入所更生施設「福岡ひまわりの里」開所
 
平成2年 社会福祉法人「福岡市精神薄弱者育成会」設立15周年記念
 
(三笠宮寛人親王殿下ご講演)
「旅客運賃等割引制度」の適用拡大の署名運動を展開(署名総数が全国で5位)
 
平成3年 第31回九州地区精神薄弱者育成大会(福岡市)
平成3年「旅客運賃等割引制度」の精神薄弱者への適用拡大が実施された。
平成4年 「あけぼの福祉作業所」が開所
 
平成5年 「第2つぼみ作業所」が開所
平成5年 障害者基本法成立
平成6年 福岡県精神薄弱者育成会大会(福岡市)
「精神薄弱者相談員」が市から委託辞令されるようになった。
平成6年 障害者権利条約採択
 
平成7年 障害者プラン・ノーマライゼーション7カ年計画決定
平成8年 大都市問題協議会(福岡市)
 
平成9年 第17回知的障害者育成会福岡県大会(福岡市)
 
 
平成10年 精神薄弱者福祉法から知的障害者福祉法へ
平成12年 保護者会会則が制定し、「保護者会」の運動体としての役割が明確にされた。
平成13年 九州大会(福岡市)
平成15年 「地域生活支援センター設置委員会」活動開始
第2ひまわりホーム開所
     「地域生活支援センター タッチ!」発足
平成16年 県大会(福岡市)
平成19年 県大会(福岡市)
平成22年 県大会(福岡市)
平成23年 九州大会・県大会併催(福岡市)
大都市問題協議会(福岡市)
 
 
平成12年 社会福祉基礎構造改革
平成15年 支援費制度の施行
平成16年 発達障害者支援法制定
平成18年 障害者自立支援法施行
教育基本法改正
平成23年 障害者基本法改正
平成24年 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行
      障害者虐待禁止法施行
(平成25年 障害者差別禁止法施行予定)
■育成会保護者会としての事業・活動
育成会は保護者会が集まって設立した団体です。保護者会は知的障がい児(者)の保護と本人、さらに事業の主旨に賛同された個人や団体によって構成されています。
■目的と活動内容
知的障がい児(者)の福祉の向上と社会参加の促進を図ることを目的に下記の事業及び活動を行っています。
1. 知的障がい児(者)の地域生活援助
2. 知的障がい児(者)の援護、育成
3. 知的障がい児(者)の就労促進
4. 人権擁護及び保護者等に対するレスパイトサービス
5. 保護者等の知識向上のための研修
6. 知的障がい児(者)に対するボランティア育成
7. 福祉作業所の運営支援
8. その他運動体としての関係機関等への要望・陳情活動を行う
保護者が親の会の組織を通じ、知識の向上を図り、知的障がい児(者)の現状の改善、さらには将来の政策のあり方びついて、調査研究をし、提言を行い福祉の向上に資する。 
・成人部会 ・幼児学齢部会 ・地域生活支援部会
地域生活支援センター タッチ!
組織図